Work Room Blog

沖縄好きの旅log
<< 横須賀3Days | main | 長野・松本 2Days >>
茨城3Days
0

    毎年この時期のロケは天候が安定していて気持ちよく撮影できることが多いけど、3日目以外に雨マークが。

    移動距離が長いのも不安要素。

     

     

    【1日目】

     

    集合は水郡線の某駅。

     

     

    初日は現地まで自家用車で行き、どこかの駐車場に乗り捨てて最終日に回収する予定だったけど、適当な場所がなく、そのまま乗っていくことに。

     

    まずは撮影車両のピックアップと店舗撮影。

    すぐに竜神大吊橋へ向かうも、到着して愕然。

    なんと、鯉のぼりが橋の両側にかけられていて、メインカットで予定していた「橋バックにクルマ」が撮れない(夏号なので)。

     

     

    いろんな角度から検証してみたけど、どうにもならない。

    スタッフさんに聞いてみたところ、撤去は一週間後とか。

     

     

    ひとまず作戦会議をかねて昼食。

     

    一旦、メインカットは置いといて、車両関係と走行シーンを近隣で撮影。

    ディレクターさんから「この走行シーンをメインカットにできないか?」と相談されたけど、ちょっと背景が物足りなくて、どこか別の場所を探すことにした。

     

    少ない望みにかけ、袋田の滝方面へ。

    最初に翌日撮影予定の温泉宿、さらに周辺をまわってみたけど、やはりいいロケーションが見当たらない。

     

    あきらめムードが漂うなか、袋田の滝をロケハン。

    事前にネットで見ていた写真とは違い、想像以上の迫力。

     

     

    エレベーターで最上階に上がると、滝の上部も見れた。

     

     

    滝から駐車場に戻る途中、入り口近くのお土産屋さんに翌日の撮影交渉をしてOKをいただく。

    もう陽が暮れてきたし(というか、ほぼ終日曇天)、本日の宿泊地である水戸へ。

     

    袋田の滝から水戸は……

    遠い。

    渋滞は夕方の時間帯でもほとんどなかったけど、とにかく遠い。

    1時間半近くはかかってしまう。

    撮影車両を運転してるディレクターさんは、電話連絡と睡魔との格闘で途中休憩を挟むとのことで、別行動で向かった。

     

    合流は水戸駅付近のレンタカー屋さん。

    ここで自家用車とレンタカー(ワゴン車)を入れ替え、駅の反対側にあるビジネスホテルにチェックイン。

     

     

    部屋に入ると、寒い!

    今日は、5月としては記録的な寒さだったらしく、暖房オン!をしてみようにも、冷房にしかならない。

    フロントに聞いてみると、

    「ここのところ暑かったから、全館冷房になってしまいまして。よろしければ毛布をお貸しします」

    と。

    部屋のあちこちから古さを感じるホテルだし、まぁ仕方がない。

    ベッドサイドのラジオはNational、しかも動かないし。

     

     

    外はすっかり本降り。

    雨の中あちこちさまようのもイヤだし、水戸では行きつけの居酒屋へ。

    22時過ぎにはコンビニ経由でホテルに戻り、1時半くらいに就寝。

     

     

    【2日目】

     

    6時半に起きてカーテンを開けると、雨。

    朝食をいただいて、8時半に出発。

     

     

    水戸駅でモデルさんと合流して、最初に向かうのは袋田の滝付近の温泉宿。

    途中、コンビニ休憩を挟み、2時間弱で到着。

     

    露天風呂と客室の撮影を終え、外に出てみると、やや明るくなってきたけど、まだ小雨。

    不安定な天候なので待っても仕方ないと判断して、玄関前の屋根下で車両の撮影を強行。

     

    昼食は、たまたま見つけたお土産屋さんを兼ねたレストランへ。

     

     

    14時過ぎに袋田の滝に向かう。

    前日撮影交渉をしたお土産屋さんに到着すると、まさかの「本日休業」。

    どうやら、悪天候で店を閉めてしまったらしく、まわりのお店も大半が閉まってるし、観光客もほとんど見当たらない。

     

    気を取り直して、トンネルを歩いて滝に向かうと、前日とは明らかに違う雰囲気。

    滝に出る直前まで来ると、もう話し声が聞こえないくらいの轟音。

    水量が尋常じゃないレベルで、最下部の展望エリアは、ものすごい水しぶきが吹き込んできて、テストで1枚撮っただけでカメラずぶ濡れ。

     

     

    吊橋のほうに降りてみたけど、こちらもモデルさんを立たせられる状態じゃない。

     

     

    やむなくエレベーターと階段で最上階へ。

    滝が遠くなってしまうのでまったく迫力のない写真になってしまったけど、こればっかりはあきらめるしかない。

    その後、数少ない営業中のお土産屋さんで散策シーンを撮影させていただき、駐車場で車両とモデルさんのカットを撮って予定終了。

     

    タイトコーナーが続く山道を含む1時間半の移動の末、日立駅付近のビジネスホテルに到着。

     

     

    昨日以上に肌寒い日だったので、気になるのは部屋のエアコン。

    外観を見る限り、昨日のホテルより新しいから暖房が使えると期待したけど……

    「もう全館冷房設定なのよ。熱いお風呂に浸かって早く寝て!」

    とフロントのおばちゃん。

    「もう最後の1枚なんだけど、貸してあげるから」

    と毛布を渡された。

     

    夕食は徒歩1分ほどの居酒屋で。

    その後コンビニに行きたかったけど、徒歩15分と聞いて断念。

    寒いし疲れたし、往復30分は絶対ムリ。

    ホテルのロビーで割高な水を2本だけ買って部屋に戻る。

    就寝は今夜も1時過ぎ。

     

     

    【3日目】

     

    6時半に起きて……と思ったらまさかの二度寝で7時半過ぎ。

    しかも、冷蔵庫に入れた水がカチカチに凍ってて水分補給できず。

    急いでシャワーを浴びて朝食を済ませ、8時半に出発。

     

    どんより曇り空でたまに雨粒が落ちてくるマズい天候。

    最初の現場まではクルマで5分の絶景太平洋が目の前に迫るカフェ。

    たしかに絶景なんだけど、どうにも天気が悪い。

    抜けるような青空とエメラルドブルーの海面がキラキラ輝く景色を想定してたけど、現実は真冬の日本海みたいな物悲しさ。

    もうこればっかりはどうしようもないので、淡々と撮影していくしかない。

     

    次は御岩神社。

     

     

    雨がどんどん強くなり、到着したときには本降り。

    あきらかに撮れる状態じゃないので、ディレクターさんが単独でロケハン。

    小一時間で戻ってきたけど、靴が泥だらけ。

    その頃には雨が小降りになってきて、なんとか撮影開始。

     

     

    要所のみをまわって最低限のカット数で終了。

     

     

    残すは車両関係の取り残し分とメインカット。

    相変わらず不安定な天候なので、また崩れる前に終わらすため、予定を変更して近くの公園で済ますことに。

    初日からの懸念だったメインカットも含め、ギリギリ納得できるものが撮れた。

     

    途中、遅いコンビニ昼食を挟み、水郡線の駅でモデルさんを開放して、撮影車両返却。

    待ち時間に10分ほど仮眠できた。

     

     

    さらに水戸に戻ってレンタカーも返却してオールフィニッシュ。

    自家用車に乗り換えて北関東自動車道茨城町東から常磐道を経由して20時前に地元到着。

    吉野家でちょっと贅沢な夕食を食べ、家に戻った。

     

    今回は毎日想定外の連発で、精神的にも肉体的にもかなり疲れた。

    できる限りのことはやったけど、手応えと充実感がまったくない3日間となってしまったのが残念。

     

     

    | o-info | | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://blog.o-numa.info/trackback/1067671
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    このページの先頭へ