Work Room Blog

沖縄好きの旅log
<< 山中湖畔と御殿場3Days | main | 海沿い茨城 3Days >>
御岳・奥多摩 3Days
0
    今回もクルマを絡めた旅ものロケ。
    都内とはいえ、奥多摩エリアって案外遠いだろうなぁと思ってたけど、やっぱり遠かった。
    さらに、たいして涼しくないだろうなぁと思ってたけど、案の定都心と変わらない暑さだった。


    【1日目】

    撮影車両の引取りの関係で、集合は現地。
    マイカーで現場に行けるのは、ほんとラク。
    関越道→圏央道を経由してお昼には御岳駅近辺に到着。





    ちょっと周辺の情報収集を…と思って歩いてみたものの、あまり話を聞けるような場所もなく…。
    そうこうしているうちに、車両をピックアップしたディレクターさんと合流。

    まずは、メインカットの撮影場所探し。
    川とクルマをからめるのって、この界隈だとかなり難しい。
    駅近にある有料駐車場のオバサマ曰く、
    「だったら、この辺じゃムリよ!」とバッサリ。
    たしかに、予備候補は見つかるけど、「ここ!」って場所が全然ない。
    翌日撮影予定の釣り場にも寄ってみるが、ここもイマイチのロケーション。
    昼食に寄った街道沿いの蕎麦屋の近くで、やっと考えていたような場所を発見。



    その後、切り抜き用のカットや走行シーンを撮って、ひとまず終了。
    暑くて汗びっしょりで、もう熱中症寸前。
    水分補給しつつ、羽村駅近くのホテルに向かい、駐車場で漏れた分を撮って完全終了。



    シャワーを浴びてから近所の居酒屋で夕食の予定が、ディレクターさん爆睡。
    気温が相当高かったし、結構歩いたし、朝早かったし、仕方ない。
    駅前で弁当と水分(ビール)を買い込み、部屋で夕食。


    【2日目】

    ホテルの朝食をいただき、機材をまとめて集合時間にロビーへ。
    今回は同じホテルに連泊なので荷造りがラクだ〜。
    モデルさんも合流して、最初のロケ地、御岳山の麓、滝本駅へ。



    現地はというと、暑い。日差しがハンパない。体感では軽く35度オーバー。

    エアコンのないケーブルカーで山頂までは約10分。

    山頂に着き、外に出てみると、ちょっと涼しい!
    太陽が雲に隠れれば、思っていたより過ごしやすい。
    ここから、往復約2kmの散策撮影。
    木陰の遊歩道は快適だけど、アップダウンのきついところでは汗が噴き出る。
    予定通りに終わり、またケーブルカーで下山。



    次の撮影は川で釣りシーン。



    さすがに水辺は涼しいじゃん!と思ったけど、涼しいのは雲行きが怪しくなってきたから。
    スマホで確認すると、すぐ近くまで雨雲が接近してるので、大急ぎで撮影開始。
    無事イワナを食べるシーンまで終わらせ、さらに勢いで切り抜き用のカットも終わると、雨粒が落ちてきた。

    雨の中、メインカットの撮影場所に移動。
    準備が終わる頃には雨が上がるという幸運で、予定分をすべて終了。
    途中、コンビニで休憩を挟みつつ、ホテルへ。

    夕食は駅前の居酒屋へ。
    今回はモデルさんも含め、皆同世代だったので、なかなか楽しい飲みとなった。
    部屋に戻ると、いつの間にか意識がなくなってて、深夜に目覚めるという失態。
    ちょっとだけセレクト作業をして、2時過ぎに就寝。


    【3日目】

    しっかり朝食をいただき、荷造りして駐車場へ。
    朝9時前にもかかわらず、猛烈な暑さ。

    最初のロケ先は奥多摩の温泉旅館。
    ここまで順調だったけど、やっぱり最後までは続かない。
    予定外の全館満室(連泊の合宿)で、部屋での撮影が不可能。
    その他にもまぁいろいろとあって多少時間がかかったけど、なんとか終了。

    次のアポは3時間後。
    途中の駐車場で運転シーンの撮影をしても残り2時間。
    ということで、道中看板が目にとまったダム見学コースへ。







    さらに時間が余ったので、近くのコンビニでアイスタイム。
    汗が止まったところで、やっとアポの時間。

    最後の撮影は蕎麦屋さん。
    古き良き昔ながらの建物で、かなりいい雰囲気(エアコンがなくて動いてると汗が吹き出すけど)。
    食事シーンを撮り終え、片付けようとしてたら、なんと私たち裏方にもお蕎麦を出していただいた。
    ここの蕎麦、デザートまで、ほんとおいしかった。

    これにて今回のミッション終了。
    ディレクターさんはモデルさんを駅まで送るとのことで、駐車場で解散。
    ひとりで近所のコンビニで機材を整理しつつ、水分を補給しつつ、ひと休みして、圏央道・関越道経由で帰宅。
    真夏のロケは体力勝負。なんとかのりきれてよかった。
     
    | o-info | | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://blog.o-numa.info/trackback/1067659
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    このページの先頭へ