Work Room Blog

沖縄好きの旅log
与那国→石垣→那覇→東京
0
    ナンタ浜

    やはり熟睡できず、目覚まし不要で起きてしまった。

    しっかり宿の朝食を頂いて、昨日行けなかったティンダハナタと空港近くにある某畑に寄って午前の石垣行きに搭乗。

    当初の予定なら、このまま石垣で一泊して竹富島に行くか、もしくは那覇に戻って二泊するつもりだったけど、昨日から仕事の電話が多々あり、島ではどうにもならず、やむなく今日中に東京へ戻ることに。

    とはいっても、まだお昼。とりあえず新しくなった離島桟橋だけでも見ようと、タクシーに乗った。
    さすがに新しくなった離島桟橋は綺麗だし立派。ただ、連休明けの梅雨入り目前という時期からか、人がずいぶんと少ない。
    中に入ってみるとネットコーナーがあったので、2日分のメールチェックと東京行きのチケットを予約。
    ついでに八重山そばを食べて、周辺をブラついて空港へ戻る。

    その後、那覇まで飛びH氏と再合流して今回まだ食べていないタコライスを食べると、あっという間に東京行きの時間。
    最後に那覇空港の展望デッキ(何故か入場料100円)で夕陽を見てから機内へ。

    羽田空港には友人がクルマで迎えに来てくれた。肩が抜けるほど機材が重かったので大助かり。首都高も空いていて電車より30分以上早く自宅に到着できた。

    トータル52時間の那覇&与那国&石垣ツアー。
    片道2112km(与那国最西端の碑まで)往復約4200km!
    搭乗回数6回(JAL×1・JTA×3・ANA×1・ANK×1)。
    やたら移動にお金がかかったけど、いい加減飛行機にも慣れた…ような気がする。

    新しい離島桟橋

    石垣−那覇便

    那覇空港展望台


    | o-info | 沖縄旅記 2007_5 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    日本最西端の地へ
    0
      与那国空港

      なんとか目覚まし3連発で起きて、石垣島経由で念願の与那国島に到着。
      最高の晴天というわけにはいかなかったけど、とにかく暑い!この季節でも陽射しの質が全然違うみたい。

      石垣空港で予約した祖納の旅館(こみね旅館)にチェックイン後、早速レンタカーを借りて東崎へ。
      そこから立神岩に寄りDr.コトー診療所のオープンセットがある比川浜に着いたらもう13時。

      このオープンセット、以前は役場で管理していたそうだが、今は地区で管理されており予約なしで行ってもお昼休み以外はいつでも中に入ることが出来るようになっていた。沖縄のビーチでよく見かける移動式の売店がセットの近くにあり、そこで管理費300円払うシステム。

      隅々まで内部を堪能した後は、売店のお嬢さんに教えてもらった“わかなそば”で遅めの昼食。メニューは“そば”のみ。味はかなりあっさりでクセがなく、まぁおいしい部類。

      食後、夕陽撮影のロケハンを兼ね、南牧場線経由で久部良方面に行こうと思ったら、道に迷いドラマで見たことのある民家を発見。ごく普通に島民の人が住んでるのだから、立ち止まるわけにもいかずスルー。

      日本最西端の碑、久部良漁港、久部良岳、久部良バリなどを見てまわり、3箇所をピックアップ。結局、久部良バリ、漁港、西埼でほぼ目論み通りに撮影できた。

      そんなことをしていると当然のことながら宿の夕食には間に合わないので、途中漁港近くの売店で弁当とオリオンビールを買って帰った。食べに行ってみたい店が何件かあったのだけど、疲れて断念。

      今日まわれなかった場所が2ヶ所。明日早起きして行けるか…。それにしても、この島の星はすごい!

      ついでにもうひとつ。民宿ってやっぱり壁が薄い。お隣のイビキ、廊下を歩く音、外が静かなだけに結構はっきりと聞こえる。
      部屋にヤモリも出たし、熟睡困難な予感。

      診療所

      与那国馬

      久部良港サンセット
      | o-info | 沖縄旅記 2007_5 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      夜の那覇移動
      0
        58ゲート

        東京は雨のGW最終日。
        日課である沖縄の天気をチェックしたら、しばらくは晴れマークのみ。
        これはチャンス!ということで、急遽羽田空港へ。
        乗りたかったJAL便には間に合わず、20分後のANA最終便に飛び乗るハメに(エコノミーだが横一列占有)。

        今日は向かい風が強い上、気流も不安定らしく、結構揺れて爆睡できず。かなり遅れて暗闇の那覇空港に到着した。

        宿泊先は羽田で搭乗直前に予約したホテル(ステーションホテル牧志)。ゆいレールの駅からすぐで、隣はコンビニの便利な立地だ。
        お客さんが少ないのかツインにアップグレードしてもらえた。

        突然の連絡にもかかわらず、迎えに来てくれたH氏とともに国際通りにある不思議な店に入って夜食。明日早いのでビールは自粛。

        早起きをクリアしたら念願の、ある島へ向かうつもり。
        | o-info | 沖縄旅記 2007_5 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << August 2019 >>

        このページの先頭へ