Work Room Blog

沖縄好きの旅log
帰路
0
    最終日は移動のみ。

    帰りの飛行機も”快適席”を要求したが、もっと快適な二階席へ。狭くて圧迫感があるのではないかと思ったが、想像以上に居心地が良かった。

    今回は梅雨入り直後の沖縄ということだったが、雨に当てられることもなくまずまずの旅だった。体調不良等少々のハプニングはあったが収穫は沢山。
    | o-info | 沖縄旅記 2004_5 | 23:00 | - | - | - | -
    2班に分かれ
    0


      本日は2班に分かれ沖縄の裏側を満喫。
      その前に、ホテルを移動(都ホテル)して早めにチェックインだけ済ます。

      1斑は那覇の裏路地へ。表通りとはガラリと雰囲気の違う商店が並び、値段もかなり安い。観光客があまり立ち入らないためか、歩いていると不思議そうに見つめられてしまう。お土産には到底なり得ないものばかりだから当然か。
      食事はお世辞にもキレイとはいえないそば屋で地元のおじいと団欒しながらの沖縄そば。

      そして2班はまず御殿山で”すば”を食べてから海中道路を抜け浜比嘉島へ。
      ここも観光客にはなじみのない島だろう。人気も疎らでゆーっくりと時間が流れている。
      H氏の親類宅にお邪魔したが、沖縄の言葉は50%くらいしか理解できず。

      夜は合流し、首里にて一杯。すぐ酔って早々にダウン。
      | o-info | 沖縄旅記 2004_5 | 23:00 | - | - | - | -
      体調不良
      0


        ホテルの朝食を済ませたら何やら腹痛。しばらく部屋から出れず。よって本日は近場でウロウロ。

        天気は晴れたり曇ったり。サトウキビ畑をぬけ読谷村のビーチに出ると何かを取ってる海人(?)が。かなり遠浅で離れていたので聞けなかったが気になる。

        久しぶりに北谷へ寄ってみた。かなり都会的(?)に変貌している。数年前はもっとディープな感じがあったと記憶していたが、俗に言うオシャレな街と化した。コザの最近の閑散とした感じとは対照的。

        夕食はホテルの無料ディナー。期待度0だったが充分満足の内容でビックリ。さすがレストランが評判との噂通りだった。

        地元スーパーを巡ると某有名USA製柔軟材の安さに驚く。本土の半値くらいで売っているのだから。かといって重くて持ち帰れないけど。

        いや〜、しかし沖縄の人は皆親切。ひとつ質問すると欲しい答えの3倍位はかえってくる。
        | o-info | 沖縄旅記 2004_5 | 23:00 | - | - | - | -
        目的なしの沖縄旅
        0


          無理を言って広い席にしてもらったお陰で、なんとか快適に那覇空港へ到着。後ろの席の子ども、いやそのお母ちゃんがとてつもなく迷惑極まりない輩だったのはご愛嬌。

          それにしても那覇市内の夕方の渋滞はひどい。レンタカーのサターン(アメリカ製GM車)もひどい。
          でも今日のホテル(ラグナガーデンホテル)は最高!コーナーデラックスに無料アップグレードしてくれた!
          天気が良ければ明日の目覚めは良さそうだ。

          夕食は那覇市のH氏と山猫屋へ。
          メニューはゴーヤーチャンプルー、もずく酢、ミミガー、フーチバージューシー、ナーベラー、ジーマーミ豆腐、ラフテー、そしてオリオンとシークァーサージュース。
          ちなみに隣の席には大阪人の男3人衆。しっかりオキナワを満喫しているようで何より。
          さらに隣のウチナンチュと意気投合し盛り上がっていた。沖縄にはセブンイレブンがないという話題で…。
          | o-info | 沖縄旅記 2004_5 | 23:00 | - | - | - | -
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          25262728293031
          << August 2019 >>

          このページの先頭へ