Work Room Blog

沖縄好きの旅log
最終日
0


    目覚めると部屋から那覇組が消えていて急いで荷造り。
    牧志へ沖縄最後の食事をとりに行った。その後恒例の買物をし郵便局で配送。レンタカーを返し空港でいつもの快適シートをオーダーしたらあとは飛行機に乗り込み熟睡。羽田からの湾岸と首都高は大渋滞だったが無事帰宅となった。

    今回は天気にも恵まれ、当初の目的はほぼ達成でき大満足。
    忙しいなか遊んでくれた那覇組の方々に大感謝。
    | o-info | 沖縄旅記 2004_9 | 23:00 | - | - | - | -
    ブセナ、瀬底へ
    0


      宿泊したホテルのビーチはどうにも気に入らないので、朝からすぐ近くのブセナビーチへ。人がほとんどいなく、すごく快適。有料だけど…。

      しばしマッタリとしてると那覇からH氏がバスにて到着。
      そのまま以前から行ってみたかった瀬底島へ。しかしあまりの人の多さにビックリ。確かに噂通り海の透明度は素晴らしいが、あまりにも人が多すぎる。

      よって昼食がてら名護市内でソーキそばを食べ、またブセナビーチへ戻る。
      そのままのんびりサンセットを待ったがまたしても見れず撮れず。

      気をとりなおして高速道路で那覇に戻り波の上で呑み&ボーリング。皆かなりの低レベルでなぜか盛り上がる。

      そのまま皆でホテル(那覇ビーチサイドホテル)に戻り一杯だけ呑んで爆睡。
      | o-info | 沖縄旅記 2004_9 | 23:00 | - | - | - | -
      アメリカンフェスタ
      0


        どこもレンタカーが空いてなくてかなり焦った。なんとか昼から超マイナーレンタカー会社からMRワゴンを借り急いで嘉手納へ。

        と思ったら今年は読谷村からシャトルバスで基地内に移動というシステムだった。バスに乗り込む前に米兵から厳重なセキュリティチェックを受け、現在の情勢を肌で実感。

        例年に比べると規模自体は明らかに縮小されている。“地域住民との交流”という本来の目的が達成されているのかは疑問だ。前回訪れたとき(1998年)は、もっと地元の方々が多かった気がする。

        かなり暑く日陰もないので数時間でバテて、恩納村のルネッサンスホテルに移動。休憩しながら夕陽を待っていたが、又しても現れず。

        しょうがないから本日の宿泊地、恩納村北部のホテル(かりゆしビーチリゾート)にチェックイン。二人なのに四人部屋に通され、またもや広い!
        しかしこのホテルはかなり若者が多く、伊豆白浜のような雰囲気だ。

        明日は海と島を満喫し那覇に戻る予定。
        | o-info | 沖縄旅記 2004_9 | 23:00 | - | - | - | -
        本島4日間の旅
        0


          旧スーパーシートはなんて快適なんだろう!これはクセになりそう(偶然の産物だけど…)。でも帰りは満席でエコノミーかぁ…。

          機内からきれいな虹が見えた。夏は基本的に北から着陸するらしく、上空から残波や北谷、泊港も見えた。

          本日の宿は泊港前の便利な場所にあるホテル(かりゆしアーバンリゾート)。まだ明日以降の宿を決めていないが、まぁなんとかなるだろう。

          夜は那覇のH氏も合流し、居酒屋で一杯組と買物組に分かれゆっくりと過ごす。

          さー明日は嘉手納基地アメリカンフェスタだ。
          | o-info | 沖縄旅記 2004_9 | 23:00 | - | - | - | -
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          293031    
          << December 2019 >>

          このページの先頭へ